借地権とは?

家を建てるには、土地が必要です。
その土地は誰かのものであり、それを、家を建てるためなどの理由によって使わせてもらう許可を得なければなりません。
この、自分の土地ではない土地へ、自分の建屋を建設するためにある権利が、「借地権」です。
あまり聞き慣れない言葉かと思いますが、基本的に「借地権」とは、他人が所有している土地を、借りる権利のことです。
その土地を、お金を払って借りる権利を有している状態になります。
つまりは、他人の土地に自分の家や建造物を建てたいから、相手に払って、その土地をレンタルしている、いわゆる間借りのような状態なのです。
家は建てたいけれど、自分では土地を持っていない人も多いため、この権利はとても多くの人に関わってきます。

具体的に言うと借地権には3種類あり、それぞれ有している権利等が異なります。
一つ目は、「(普通)借地権」です。
この借地権は、一定期間(30年)経過したら、それ以降も土地を借りられるように、また20年単位で「更新」を行うことができます。
普通借地権には、「建物買取請求権」があります。
次は、「定期借地権」です。
「定期」とあるように、この権利には土地を借りられる期間(50年)が定められており、その期間を経過すれば土地を土地所有者に返還する義務があります。
その代わり土地の賃貸料が安いというメリットがあります。
返還予定がある土地のため「建物買取請求権」はありません。
「所有権」に近い権利が「地上権」であり、こちらは土地の扱いに関する自由が認められています。